平成27年度 伊豆今井浜 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1 7 15 34 51 70 261 325 383 152
当院は、河津町で初めての一般病院として、東賀地区を拠点に地域医療を実践してきました。東賀地区は高齢化が進んでおり、60歳以上が患者数の86%を占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
当院は平成27年度DPC準備病院のため診断群分類別患者数等の集計データがございません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 2 1 4 5 9 6 1 7
大腸癌 5 7 6 8 6 21 1 7
乳癌 1 2 0 3 0 1 1 7
肺癌 0 0 0 5 1 1 1 7
肝癌 0 0 0 0 1 3 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
UICC TNM分類とはがんの進行度を判定する基準として国際的に活用されている国際対がん連合(UICC)採用のがんの分類方法です。28の部位ごとに各種の検査結果から原発がんの大きさ、広がり、深さをT、原発がんの所属リンパ節転移の状況をN、他の臓器への遠隔転移状況をMとして区分し、それらを総合して病期(ステージ)を判定しています。
当院は、消化器内視鏡検査及び治療は年間約2000例の実績があり、胃がんや大腸がんの早期発見、早期治療に力を注いでおります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 2 8.00 56.50
重症度 1 8 8.25 72.13
重症度 2 17 18.29 80.12
重症度 3 10 16.10 83.50
重症度 4 9 21.22 84.11
重症度 5 1 11.00 92.00
不明 1 14.00 79.00
市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人に発症する肺胞の急性炎症です。
重症度は「重症度分類A-DROPスコア」によって分類しております。
当院での成人市中肺炎の患者は平均年齢約80歳となっております。
また、高齢化するほど重症度が高くなっております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 2 2.50 88.00 0.00%
その他 1 4.00 79.00 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00%
その他 0 0.00 0.00 0.00%
I63$ 脳梗塞 3日以内 42 14.71 78.83 18.18%
その他 2 22.50 76.00 2.27%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 2 30.50 92.00 0.00%
その他 1 2.00 66.00 33.33%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 2 30.00 83.50 50.00%
その他 0 0.00 0.00 0.00%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0.00 0.00 0.00%
その他 0 0.00 0.00 0.00%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 0.00 0.00%
その他 0 0.00 0.00 0.00%
ICD-10コードとは疾病及び関連保健問題の国際統計分類です。
当院では、脳梗塞の発症の場合、一般病棟での急性期治療を行い、回復期リハビリテーション病棟でリハビリを行っております。
回復期リハビリテーション病棟では退院後の生活を見据えたリハビリテーションを展開しております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 29 1.76 8.52 0.00% 79.17
K6871 EPBD/内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石せず採石/切開のみ) 21 1.67 5.90 4.76% 75.86
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 16 1.13 8.63 0.00% 82.69
内科では、がんや肝硬変による胸水又は腹水の貯留に対する治療や、胆道結石への治療の手術の症例が多くなっております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼡径ヘルニア手術 39 1.28 3.15 0.00% 71.56
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 14 1.00 4.86 0.00% 58.79
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 8 3.13 13.38 0.00% 71.00
外科では、短期入院による鼡径ヘルニア手術が最も多い症例となっており、他には腹腔鏡を用いた胆嚢や悪性腫瘍の切除を行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) 39 2.23 13.90 0.00% 69.67
K0461 骨折観血的手術、肩甲骨、上腕、大腿 36 2.17 17.94 47.22% 78.97
K0821 人工関節置換術(股) 32 3.03 20.78 28.13% 72.91
整形外科では、腰部脊柱管狭窄症などに対して行われる脊椎の手術が最も多い症例となっております。
その他には骨折に対する手術や、変形性股関節症の対する人工関節置換術も行っており、どの症例も回復期リハビリテーション病棟でのリハビリを終えて退院となります。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 9 1.00 7.33 0.00% 48.44
K8654 子宮脱手術(子宮全摘及び膣壁形成手術) 6 1.67 9.83 0.00% 66.17
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両)(開腹) 4 1.50 7.50 0.00% 66.25
婦人科では、子宮筋腫などに対して行われる子宮全摘術が最も多い症例となっており、子宮脱に対する手術や子宮附属器の腫瘍の摘出術も行っております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲腫瘍切除術 1 0.00 4.00 0.00% 52.00
耳鼻咽喉科では、扁桃周囲腫瘍切除術の症例があります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00%
異なる 1 0.08%
180010 敗血症 同一 9 0.69%
異なる 0 0.00%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00%
異なる 0 0.00%
180040 手術・処置等の合併症 同一 15 1.15%
異なる 0 0.00%
手術・処置等の合併症は、関節脱臼非観血的整復術や人工関節再置換術の症例があります。
更新履歴
2016/9/23
新規掲載