一覧へ戻る

ごあいさつ

地域医療のさらなる充実に向け、これからも努力してまいります
バリアを取り除く-これは私たちが開院当初からずっと胸に抱き続けてきたテーマです。人口が減少し、高齢化が進む一方、医療資源が不足しているこの地域にあって、医療にかかること自体にバリアがあってはなりません。そこで当院は、今井浜海岸駅から病院までを完全バリアフリーで結び、地域の皆さまがアクセスしやすい環境を整えると同時に、さまざまな疾患に対応する総合的な診療体制で、地域に愛される病院を目指してまいりました。
開院以来、当院の取り組みは大きく広がっています。地域でできることはできるだけ地域で完結し、”断らない医療”を目指して体制を整えてきました。同時に私たちが力を注いできたのが、”地域のバリア”を取り除くこと。高度機能病院と地域連携クリティカルパスを提携するほか、開業医の先生方ともカンファレンスを定期的に開催し、信頼関係を構築。真に患者さまに資する医療を提供するために、地域全体の医療レベルの向上を図ってきたのです。
診療科の拡大や増床により患者数も増え、地域医療を担う当院の役割、責任も大きくなってきていると感じています。一人ひとりの患者さまのために、そして地域医療のさらなる充実のために、これからも努力してまいる所存です。
                                               公益社団法人地域医療振興協会
                                            伊豆今井浜病院 病院長 小田 和弘